こんにちは。

通信制高校というと、全日制高校に通えなかった生徒が行く学校というイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

不登校を経験したり、学校生活に馴染めなかった生徒も通っているため、私もはじめはそのようなイメージを持っていたところがありましたが、いろいろ調べているうちにそのイメージは間違っていることを気づかされました(。-人-。)


出典:写真AC

高校を卒業するための条件や学習のスタイルが違うだけで高校卒業の資格自体は全く変わりありませんからね。

基本的には全日制高校と変わりなく、大学進学を目指す生徒や専門コースで特別な知識を学んでいる生徒も数多くいます。

そこで本日は、通信制高校で大学を目指すにあたり、東大や早稲田、慶應義塾大学などの高偏差値の大学へ進学しようと思った時、有利なのか不利なのか、について紹介していきます。

まず、最初に結論から言ってしまえば、有利とは言いきれませんが、不利になることは全くありません。

上記でも説明しましたが、通信制高校も全日制高校も、高卒の資格については変わりませんし、学力が足りているなら問題なく進学することはできます。

ただ、通信制高校というのは、元々「高卒資格取得」が目標として掲げられていたため、以前は大学進学に対しての学力をつけるのが難しい所がありました。

しかし、近年、大学進学を希望する生徒が増えている関係もあり、多くの学校で進学コースというのが設けられるようになりました。

大学進学を目標としてる生徒に対し、カリキュラムを用意することで、それにふさわしい学力を身につけることができるようになったのです。

希望の大学が高偏差値であろうと、進学に向けてのカリキュラムを先生や学校側と相談して組むことで、合格を目標に勉強ができるということです。

これにより、生徒が自由に将来を選択できるようになりました。