こんにちは。

福岡在住の来年受験を控えた娘を持つ母親です。

娘が通信制高校への進学を考えているということで、少しでも通信制高校について理解したいと思い現在情報収集に励んでいます。

そこで折角だから私のように通信制高校に通いたいと思っているお子さんがいる親御さんの参考になればと思い、ブログをはじめることにしたというわけです。

そもそも私は、通信制高校というのをほとんど理解していません。それこそ、娘から聞いて存在を知ったくらいですからね (ーー;)


出典:写真AC

まずは、私自身が通信制高校がどんな学校がというところから勉強しなければいけないようです・・・。そこで今日は通信制高校と、全日制高校、定時制高校の違いについて調べてみました。

調べていて分かったのですが、一番大きな違いは、通信制高校は毎日通学する全日制高校や定時制高校と違って、必要に応じて通学をするスタイルのようです。

基本的には自宅での学習ということです。そして、もうひとつ大きな違いが「学年制」と「単位制」という点です。

学年制とは、全日制高校や定時制高校が導入している、1年生から2年生と1年ごとに進級していき、3年生を最後に卒業できる仕組みです。

単位制は、決められた学習を行うことで得ることができる単位を決められた分だけ取得することで卒業できる仕組みです。

学年制では、成績や出席数によっては進級することができず留年となることがありますが、単位制では、取得できなかった単位を再度取得することができるので留年はないようです。

ただ、3年以上在籍していることが卒業条件となっているところは共通しています。そのため、通信制高校の場合、いくら早く単位を取得したとしても在籍3年以下では高校卒業の資格を得ることはできないということです。