こんにちは、受験生の母です。

今回は通信制高校は就職できるの?という問題について調査してみました。娘は大学に進みたいようですが、就職も視野には入れているようですからね。

私としては大学進学は賛成ですが、通信制高校から大学へ進むとなるといろいろな面で大変ではないのかなと心配しています。

出典:写真AC

仮に大学に行かず就職するとなると気になるのが通信制高校卒業後の就職率です。通信制高校は就職に不利なのでしょうか?

以下は調査したデータになります。

  • 大学進学 ……… 17.3%
  • 専門学校進学 … 24.4%
  • 就職 …………… 15.2%
  • その他 ………… 43.1%

平成25年度の資料なりますが、数字だけ見るとなんとも言えない感じがします…。ちなみに、その他というのはニートなどのようです(-。-;)

ただ、通信制高校は学校に行くのは月数回程度で、ほとんどがレポート主体になります。そのため自分を律する力がかなり必要になりますし、ある意味仕方ないところはあります。娘には絶対にさせませんが…。

 

就職は全日制と変わらない

さて、データを見ただけではピンとこないと思いますが、就職に関しては全日制とさほど変わらないようなのです。

理由のひとつとして、履歴書に「通信制」とワザワザ書く必要がないからなんだとか。確かに考えてみれば、通信制高校について深い知識がある面接官もそうそう多くはいないでしょうからね。

 

可能なら専門スキルを身につける

就職に関しては、とりあえず一安心といったところですが、高卒で就職するとなるとそうスンナリとはいかないでしょう。

そうなると気になるのが、専門スキルの習得ができる通信制高校です。芸能やコンピューター、資格の取得などなど。大学の進学を目指す、専門コースがある学校もあるのです。

やはり、通信制高校を選ぶ際は卒業後のことを考えて、自分にあった学校選びをしなければいけないようです。